はじめての大腸内視鏡検査

雑記

先日はじめての大腸内視鏡検査を受けてきました。

大腸がんは女性の死亡率で1位だそうです。

早期発見で助かる命もあるので、怖がらず検査を受けましょう。

私の結果はというと異常なしでした。

病院へは2回行きました。

初診

1度目は問診と採血と検査の説明でした。

まずは看護師さんとのお話でした。検査を受ける経緯や採血、それらが終われば先生の問診。

普段の水分補給の量が少ないから検査数日前からしっかり水分をとるように言われました。

最後にまた看護師さんとの話です。検査の説明を受け、希望者は検査食が購入できるというので

しっかり検査を受けたかったため買って帰りました。

検査前日

前日の朝から検査食だけしか食べられません。

検査食じゃない方は食事制限があるので注意しましょう。

ちなみに検査食はおいしくなかったです。次回は自分で準備したいと思います。

そして寝る前にに下剤(錠剤)を飲みます。

普段下剤は飲まないのでドキドキしましたが、夜中にトイレに行くことはなかったです。

この下剤の効果は人により様々なようで飲んでみないとわからないとのことでした。

そして、翌日に飲む下剤を作って冷蔵庫で冷やしました。

脱水をおこさないように水分は2リットルくらいとりました。

当日 自宅にて

朝起きてコップ1杯水を飲みました。

平日ですので、子どものお弁当作りや朝食作りをまず済ませました。

自分は食べられないので我慢・・・

子どもを送り出し、下剤を飲み始めました。1.8リットルを飲むは少し辛かったですが、なんとかなりました。

この際の注意点は下剤を飲んでる最中、飲み終わってからも動いていてほしいとのことでした。

なので普通に家事をしていました。ただ自宅からは出ない方がいいです。

ちょっと汚い話なのでこの辺りは軽く説明します。

10回前後トイレにいきました。すごくお腹が痛くなるとかはなかったです。

説明通り10回くらいで水様便になり検査が受けられる状態になりました。

2~3時間程度でおさまり、腸の中は空っぽのはずです。

当日 病院

電車に乗って歩いてきましたが心配していたトイレのことも大丈夫でした。

そして検査着に着替え控え室で待っていました。

順番がきました。

手術室のような機械のたくさんある部屋のベッドです。

点滴の針をさし、先生がくるのを待ちます。

おそらく人生初の麻酔なのですが、すごく効きました。

看護師さんに

『少し喉がいがいがして、ふわふわした感じになりますよ』

と声をかけられて

あ、喉がいがいがしてきた!

あ、ふわふわしてきた!

と思っていたら・・・

気づいたら検査は終わっていて、記憶にないのですがベッドも移動していました。

1時間くらい寝ていたようでした。

すごくぐっすり寝ていてスッキリ起きれた感じはしていたのですが、後から考えると先生の説明や帰りの道中のことは記憶があいまいです。

次の日になって、そういえば先生と話をしたなぁとか

帰りに電話かかってきてたなぁとか

その場はしっかりしていると思っていたのですが、まだぽーっとしていたようです。

車の運転が翌日まで禁止なのがわかりました。

まとめ

というわけで、検査の痛みや記憶はまったくないのですが、

異常もなかったのでとても安心しました。

大腸内視鏡検査は少し大変なので億劫になりますが、健康のためにやっておいた方がいいですね。

これからは私も定期的に受けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました